書のお稽古雑感

先日「書のお稽古ゆうじん会」が開催されまして、改めてその時の様子をご紹介します。

当日は「ゆうじん会」既存のメンバーの他にも、カナダから留学しに来ていらっしゃるお客様もお迎えして、落語指南とはまた違った雰囲気で行うことができました。

講師の田中祥月先生は、若手の書家なのですが、最近活動の幅を広げ、本や雑誌のタイトル文字などを書いたりもしていらっしゃいます。実力のある方なので、ゆうじん会の自由な雰囲気の中でも、きっちり教えるべきところは教えていただけました。

まずは論より証拠と、田中先生が会員の前で楷書の一行書きを実演で書いてくださいました。
さすが、恰好よくびしっとまとまっています。
その作品を見ながら、字のバランスや字以外の部分・余白の取り方など、恰好よく見えている理由を教えてくれます。
ポイントは多岐にわたり、書道の奥深さの一端が皆様にも知れたのではないかと思います。
実演4.17

さて、ではさっそく書いてみようということで、まずは「話」という言葉を練習してみます。お手本は田中先生が書いてくださいました。
皆さん久しぶり(下手すれば何十年ぶり)の筆書きに、悪戦苦闘しながらも、一生懸命取り組んでくださいました。
指導4/17

続いて、自分の好きな言葉を書く、というお題が出されました。
人それぞれでしたが、「桜」という字にお猪口と徳利を書きくわえてみたり、皆さんいろいろ面白いことを考えますねー。
作品44/7


出来上がった作品はそれぞれ個性的で、とても素敵でした。
作品は記念にお持ち帰りいただきましたよ。
その後のお花見の飲み会も含めて、とても楽しい会になりました。ぜひまたやりましょうー。

ところで今回は「自由書」という形で行いましたが、毎回色々テーマを設けてもいいなあと思っています。
例えば、自分の名前を筆で恰好よく書いてみる、とか。。。
ハンコを彫ったり墨絵を書いたりする機会があっても楽しいかもですね。

そんなわけでボチボチやっていきますので、少しでも興味をもっていただけたら、ぜひとも一度ご参加ください!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

ゆうじん会

Author:ゆうじん会
  
『和』のある生活、はじめませんか?

『和』とは伝統ある日本の呼称であり、人と人との絆をさす言葉でもあります。
そんな『和』を気軽に楽しみ、毎日の生活を豊かにしませんか?

落語をやったり茶道を嗜んだり書道に親しんだり。。。いろいろやっています。
メンバー随時募集中です。

飲み会だけの参加も大歓迎!
気軽に遊びにいらしてください。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム