4月3日落語指南

4月3日は落語指南の日。
今回も実に楽しい会でした!

まずは今回初めての方が3名様いらっしゃったので、参加者全員で自己紹介からはじめます。
一通り終わったら、それぞれ憶えてきた小咄を師匠に見ていただきます。

慣れ不慣れの問題はありますが、同じ小咄をしてもちゃんと自分なりの色がでる。
こういうのを見て楽しめるのも、素人の落語教室の良いところですね。また、教えていただいたことを多少自分の色が出るように脚色するのも楽しいものです。これは落語を習う醍醐味といってもいいのでは。

今回発表された皆さんはしっかり自分の色が出ていて、実に楽しく拝見できました(笑)
また次回以降も楽しみですね。

今回師匠からご指導いただいた内容を少しご紹介すると。。。

○落語は物語でおぼえる
 →ヒトコト一言を追うのではなく、流れでおぼえる。
 →その際、気をつけなくてはならないのは、話の中核を外さないこと。たとえば桃太郎の昔話なら、桃から子供が生まれて鬼退治に行かなければ、桃太郎にならない。

○上下(かみしも)について
 →歌舞伎の舞台を思い浮かべる。花道の方が下座、奥が上座。
 →外から来る人は下座から入ってくる。上座に座るべき人も下座から入り、そこから上下を自然に移す。

○オウム返しの話
 →オウム返しの話の繰り返し部分は丁寧にやる。これによって面白さが生まれる。

○食べる仕草
 →美味しい! と思って演じるのが一番。

他にも色々ありましたがとりあえず。
次回は兼好師匠が「つる」をやってくださいます。
お見逃しなく!

5月の日程はまだ調整中ですが、16日か22日のどちらかになりそうです。
決定次第またこちらのブログでお知らせしますので、どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

ゆうじん会

Author:ゆうじん会
  
『和』のある生活、はじめませんか?

『和』とは伝統ある日本の呼称であり、人と人との絆をさす言葉でもあります。
そんな『和』を気軽に楽しみ、毎日の生活を豊かにしませんか?

落語をやったり茶道を嗜んだり書道に親しんだり。。。いろいろやっています。
メンバー随時募集中です。

飲み会だけの参加も大歓迎!
気軽に遊びにいらしてください。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム