新作落語の書き方。

みなさんごきげんよう。管理人でございます。

しばらく記事の投稿が開いてしまうと皆さんに忘れ去られてしまうので
管理人流ではありますが、今日は簡単な自作ネタづくりのポイントを
ちょこっとだけお教えしちゃいます。

最近、私が自作でよく使うのは、古典落語のギミック(仕掛け)を使うパターンです。

古典落語には典型的な王道パターン、ゴールデンパターンがいろいろありますが
その中でもとても多く使われているものとして「おうむ返し」があります。

与太郎さんの出てくる話をはじめ、いろいろな落語によく見られるのですが
教えられたことや聞きかじったことをそっくりそのまま再現しようとするんだけど
トンチンカンなことをやって失敗する…というパターンです。

自作落語の場合も、この「おうむ返し」を利用して作ると効率よく作品が書けます。
あとはいかにぶっ壊れたキャラクターを作るか。もうそれにかかっていると思います(笑)

さあ、次の「文化祭」も書き下ろしの新作で勝負しようかな?!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

ゆうじん会

Author:ゆうじん会
  
『和』のある生活、はじめませんか?

『和』とは伝統ある日本の呼称であり、人と人との絆をさす言葉でもあります。
そんな『和』を気軽に楽しみ、毎日の生活を豊かにしませんか?

落語をやったり茶道を嗜んだり書道に親しんだり。。。いろいろやっています。
メンバー随時募集中です。

飲み会だけの参加も大歓迎!
気軽に遊びにいらしてください。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム